FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

寝る前には本を読もう

2006.11.10 (Fri)

我が家の寝る前の習慣。
あれから(→)続いています。

ボロボロになるほど読み尽くした読み聞かせの本の中でも
赤ちゃんの頃には難しすぎて選ばなかった伝記ものや
ドキュメンタリータッチのお話も、今になって読み聞かせしてみる。

「○○は、赤ちゃんの頃この話のこのセリフ好きだったんだよ~」
なんて、思い出話も織り交ぜながら、私もついつい懐かしくて
いつもよりも気分が穏やかになり、それを見計らってなのか
息子達はそれぞれ1つずつ長編をリクエストしてくる。

さすがに、長編二つを読み終えると30分程度かかることもありヘトヘト・・。
小学生の息子達のお気に入りは、やはりハプニングものや面白い話が大好き。


家にある読み聞かせ本を繰り返し読むのもいいけど
子ども達も、私の働きかけ(読み聞かせ復活)を機に
自ら、再度本を手に取り、黙読するように習慣づいてきたので
また以前のように図書館から本を借りてくることにした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 参加しています。ポチっとお願いします
20061109h2.jpg


今日返してきた本達。
1【おにのはなし】
 寺村輝夫/著  ヒサクニヒコ/画( あかね書房)

2【のらいぬ クロの冒険】
 那須正幹/著  永田萠/絵 (毎日新聞社)

3【宮沢賢治童話全集2 ふた子の星 新版
 宮沢賢治/著 (岩崎書店)


1.先日、お亡くなりになってしまった寺村輝夫さんの本。
  寺村さんの本は「ぼくは王様シリーズ」から
  親しんでいる息子達。昔話も書かれているので
  ユーモアのあるお話も多く、読みやすいようです。

2.那須正幹さんは、「ズッコケ三人組」シリーズが有名。
  でもあまり読んだことがありません・・。
  動物ものや、冒険ものをよく書かれているので
  男の子の好奇心をくすぐるのかな?
  「のらいぬ クロ」は、生きることや縁や絆について
  考えさせられるお話でした。

3.宮沢賢治の本は、個人的に好きな話は沢山ありますが
  今現在使われていないような、いわゆる古きよき日本語の
  綺麗な表現力が新鮮で、息子達にも触れさせたいと思って
  借りてきた本。
  比喩的表現が沢山綴られている【やまなし】。
  「私の読む言葉だけで、想像してみて・・」と言って
  読み聞かせしてみましたが、ちょっと難しかったようです。
  読んでいるわたしは、楽しめたんだけどなぁ・・・。


20061109h3.jpg


こちらは、今日、借りてきた本

【おにたのぼうし】
 あまん きみこ/文 いわさき ちひろ/絵 (ポプラ社)

【鬼のおくりもの】
 金田 喜兵衛/作  狩野ふきこ/絵
 (株式会社ひくまの出版)


今の子ども達は、国語力や読解力が低下していると言われていますよね。
小学校から英語の授業を必須にするか否かなど取り立たされているけど
私としては、英語!英語!と騒ぐよりも、
まずは、母国語である日本語をしっかりと学ばせたい
という思いが基本にあります。
だからといって、英語教育を否定するわけでもないんです。
土台がしっかり出来ていないところに
先走ってなにか新しいものをドンドン積み重ねていっても
どうなのかな?と思っているだけ。

国語力が身に付けば、人の話を聞く力も育つし
自分の考えもしっかり、言葉として伝えることに
ちょっとだけ自信が持てるようになるんじゃないかな?

伝える言葉がなかなか出てこない事で、すぐにキレてしまったり
自分の言いたいことばかり「聞いて~聞いて~」と一方的に話して
人の話を聞く力もゆとりもない子、結構見かけます。

沢山、本を読んで、人と触れて、心を感じれたら
もっと今が好きになる子増えるんじゃないかな?

テーマ : 子どもの本 - ジャンル : 本・雑誌

00:00  |  book  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

やってみようかな・・・。

遅い反応でごめんね^^;

うちもやってみようかな・・・読み聞かせ。
兄ちゃんはね本スキなの。早く布団の部屋いって読みたいくらい。
でも、ちびを見てたらお兄ちゃんのを
マネてるだけのような気がしてしょうがないのよね。
飛ばし読みしてるな・・・。って思う感じがするのよね。
我が子の就寝は9時だから、頑張って8時半くらいから
頑張ってみようかな。

こうやって図書館で子供達が
読んで欲しいのを選んできてくれたら嬉しいもんね。
ちびのね言葉使いが荒いのよ。お友だちの影響もあるんだろうけど
また、その言葉の使い方も(2年生でしょ~~)間違ってたりするのよ^^;
荒い言葉を使うのはだんだん男の子だし
しょうがないのかなぁ~なんて思ったり
するんだけど(でもまだカワイイんだけどね^^;)、使い方が間違ってるのが情けない・・・。

本読み復活でちびの読書がスキになってくれたらなぁ・・・。
mame |  2006.11.10(金) 08:37 | URL |  【編集】

。(- ェ -。ウンウン

ホント、そう思うねぇ
英語を教えてる私が言うのもなんだけど・・・
やっぱり、自分の国のことばをちゃんと使える様になって欲しいってよく思います
だから、私は英単語を教えるんじゃなくて、英語を通して色んな経験して色んな考えを持ってくれたらなぁ
と思いながらレッスンしてます。
結局、日本語に目一杯ふれて自己の表現が出来ないと、外国の言葉を覚えても表面的だけになって直ぐ忘れちゃうもんね
と言う私は『読み聞かせ』してないので偉そうに言えませんが・・・言ってた??|ω・`)プッ♪
我が家はむか~し昔は8時に寝かせていたので
本を読むと目がランラン、意識もキラキラして寝られなくなるので・・・
ついつい、真っ暗にして『早く寝る』を優先にしてしまいました
ヾ(_ _。)ハンセイ…
でも最近、子供達が自分で借りてきた本を私が聞くという
逆の立場になって、本人に『声を出して読む』と言う事をさせてます
そうすると、自分の中でイメージが広がって、声に出して読む事で、耳でも確認していいかなぁと・・・
自己判断ですが・・・
ちりん |  2006.11.10(金) 21:21 | URL |  【編集】

mameちゃんへ

mameちゃんのところの息子ちゃん達も本好きみたいだね。
上の子のマネするのって、どこも同じだよ~。

うちも、下の子のほうが本に親しむようになったのは
上の子よりも遅かったのよ。
読み聞かせって赤ちゃんの頃だけの話じゃないと思うのよね。

小学生にもなると、読める本の範囲も広がって
パっと見て、読みやすい本、難しそうだと遠慮してしまう本など
自分達で選択することが出来るようになるよね。

私は子どもが読む本を全て選んでいるわけではないけど
子どもが読みたい本の他に、私の視点で「こんなのどうかな?」って
試しに借りてきているのね。

季節感のあるものだったり、教科書に載っていた作者の別作品や
息子達の好きなジャンルだけど
絶対息子達は自分で手に取りそうにない本。
(ちょっと文字が小さかったり、絵が少なかったりする本)

そういうの、借りてきて、まずは試しに読み聞かせ。
あくまでも、私はきっかけを作るだけなのです。
決まって、私が読み聞かせした本は改めて
自分達で読んだりしていたり
逆に、自分達で読んでしまって、「これ読み聞かせしてほしい!」って
リクエストされることもあったり、意外と楽しくやってます。

言葉遣い・・・うちも男の子だからスゴイ事言うよ~。

ちょっと、使う場面にふさわしくないと思った時にはビシっと言うけどネ。
時々、クギ刺しておかないと、
いつでも使ってもいい言葉だって思い込んでしまうのが怖いのよね。
言葉のチカラって強いから、そういうことも静かに教えていきたいよね。
いくら男の子だからと言ってもネe-317
naone |  2006.11.10(金) 21:22 | URL |  【編集】

ちりんちゃんへ

>私は英単語を教えるんじゃなくて、英語を  通して
 色んな経験して色んな考えを持ってくれた  らなぁ
 と思いながらレッスンしてます。

そういう先生に教えてもらえる子ども達は楽しいと思うよ~。
異文化を知ることってワクワクするもんね。
私も英語大好きだったよ~。
話せないけど、英文を和訳するのが好きで
洋楽の歌詞とか、よく訳して遊んでいたよ。
直訳ではない、なにかそれを越した気持ちのようなものも
イメージ出来るようになると、ドンドン楽しくなってくるんだよね。
今では、訳することは無理だけどe-263
あのままもっと勉強してたら、映画の字幕追わずに観れていたかな?なんて思ったりしてe-316

結局、英語よりも、和歌の世界にひかれて
短大ではそっちの研究をチラっとしていたんだけど。

だから、言葉に触れるって、読み聞かせに限らずに
興味があればどんどん入ってくるし、もっと知りたいって思うんだよね。

わたしも子どもの音読が結構癒しになっているよ。
疲れている時とか、傍で読まれると、スゥ~っと眠くなる。v-395
音読って、黙読よりも理解力が深まるのかもね。
逆読み聞かせもなかなか良いんじゃないかな。

そうかぁ~。読んであげると目がランランね。
うちもそんな時期あったよ。
特に幼稚園の頃、「もっと読んで~」の声に応えていたら
1~2時間近く読み聞かせしていたってことあった・・・。
さすがに、ノドはガラガラ・・・・。
パパにバトンタッチすると、子どもよりも
読み手のパパのほうが眠りながら読んでるのよ。v-411
今となっては、懐かしい思い出です。
naone |  2006.11.10(金) 23:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://na27.blog53.fc2.com/tb.php/73-489ecb8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。