FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

読み聞かせ・・再び

2006.10.20 (Fri)

20061020h.jpg


一つ前の記事で息子達の読書離れについてチラリと書いたのですが
居間に本をさり気なく置いてみる作戦のほかに
【読み聞かせ】についても思うだけでなく実践することにしました。

かれこれ13年前のマタニティーの頃から
2~3年前までお世話になっていた読み聞かせの本
(くもんの読み聞かせ本シリーズ5冊)から
一日寝る前に2つのお話を読むことに。

おととい「今夜から寝る前に読み聞かせするからね」と言った時には
「えぇ~~っ!!!」というリアクション。
母の思いとは裏腹に、冷たい反応の息子達

でも、こんな少々の事で凹んでしまったらおしまい・・。

「まぁまぁ、そう言わずに、寝る前の支度が終わってから
どの話がいいか、1つずつ選んでね。待ってるから。」
と、寛大な母のまま、布団で待つこと数分・・・。

いつもは、早く寝なさい!!と言われてもなかなか寝付けないだけに
久しぶりの読み聞かせという母の突然の提案に
まんざらでもなく、テキパキと歯磨きを済ませて布団に来ましたよ^^

お兄ちゃんは、本の挿絵を見ずに、私の声だけに聞き耳をたてて
自分なりのイメージを膨らませているようでした。

下の子は、私に寄り添って、字を目で追ったり
合いの手を入れたり・・・残りのページを気にしたり・・・
でもちゃんと話の内容は聞いているようで、
どんどんお話の中にのめり込んでいく様子が面白かったです。

以前は何回も同じお話を読み聞かせしていると
私なりにアドリブを入れたりすることがあり
少々文字が読めるようになった下の子に
「ママ、それどこに書いてあるの?」と指摘されることがありました。

でも、これ、あまりやりすぎると、
読み聞かせ本来の良さが損なわれてしまうので要注意なんですよね~。

それと、本のお話の展開を急ぐことよりも、ゆっくりと、その子のペースにあわせて
読んでは立ち止まりを繰り返し、お話の展開を予想しながら
次のページをめくるワクワク感は、親子共々好きでしたね。

そんなことを思い出しながら、懐かしい読み聞かせの時間を
しばらく続けようと思います。

テーマ : 小学生の子育て♪ - ジャンル : 育児

23:25  |  book  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

コメント

うちの最近・・・

うちの場合、以前はよくお昼寝のときに読み聞かせをしていたんです。
それがだんだん、勝手に気付いたら寝ていたり
気分によって寝なくなったり、そしてもうお昼寝はまったくしなくなり・・・
読み聞かせもなんだか自然と回数が減ってしまっていました。

最近ちょっとしたきっかけがあり、またよく本を読むようになりました。
寝る前は無理なので(お昼寝なしになってから、夜は7時半~8時にバタンキュー。笑)、
昼間の遊びの合間に読んでいます(^^)

だいぶ理解力もついてきたようで、少しくらいなら長いお話も聞けるようになりました。
それから前と変わったことといえば、一度読んだ後、いつも「もう一回。」と言うようになったんです。
コレって楽しかったからなのかなー。それとももう一回聞いてお話を理解しようとしているのかなー。
なんて思いながら、何度も何度も繰り返し読んでいます。

そうそう、naさんが以前紹介してくださった絵本もとても参考にさせていただいています(^^)
中でも娘は林明子さんの「こんとあき」がお気に入り♪
「コレ読んで~!」と持ってくることが多いんですよ。
まりママ |  2006.10.22(日) 22:38 | URL |  【編集】

寝る前の読み聞かせを始められたんですね。naさんの家のお兄ちゃんと弟くんと、ゆっくりこうして読み聞かせの時間を取れるのも、naさんがマタニティー期から読み聞かせをしていて、そういう習慣が残っているからなのでしょうね。
うちも子供がある程度大きくなっても、こうして一緒に本を読む時間を
取れたらいいなぁと思います。

最近、うちの息子は昼間起きている時間が増えてきたので
読み聞かせをしてみようと思っています。
しかし、息子を前にしてやろうと思うと難しく感じます。
選ぶ本・・・文章が多い本ではわからないだろうし、
絵ばかりだと、すぐに終わってしまうし。
読むテンポ・・・気付くと、だんだん早口になってしまいます。
読んでいる時間・・・いつまで読めばいいんだろう?
などなど。
今は、もちろん話の内容も絵もわからないだろうから
本を読む事によって、息子が話しかけられる事を感じれれば
いいのかなぁと思ったりもしてるのですが。。。

これからも、読み聞かせの話、色々聞かせてください。
みき |  2006.10.23(月) 23:47 | URL |  【編集】

お返事遅くなりました

昨夜からの雨と強風で寝不足気味の私。
でも今日は連勤明けなので焼き焼きタイムには最適なお天気。

さて・・コメントのお返事ですe-365

>まりママちゃんへ

お昼寝の時間がなくなったり、生活リズムが違ってくると
読み聞かせよりも違うほうへ興味が行ったり
忘れてしまったりってことありますよね。

夏場はどうしても本から遠ざかってしまうような気がします。
でも、これからは家の中にいる事が多くなるので
本に触れる機会もどんどん増えそうだよね。

気に入ったお話だと、何回でも繰り返し読んでって言うよね?
親としては「また同じ?」なんて思うんだけど
子どもにしてみれば、何度でもそのお話の世界に行ってみたいって思ってるのかも。

考えてみれば、大人でも好きなことなら
何度でも繰り返すことってあるもんね。
料理やパン、お菓子、それに気に入った場所など
何回作っても、食べても、行ってもお気に入り!ってネ。

だから、娘さんが「もう一回!」って言った時には
可能な限り読んであげると感性も育つんだろうなぁ~。

親が読んであげたい本と、子どもが読みたい本って
だんだん開きが出てくる時期もあるけど
でも、やはり読み聞かせって強制じゃないし
その子が気に入っている本が良い本だと思うんです。

沢山沢山、読んであげてくださいね。
自分の思いを言葉にして伝えることも上手に出来るようになると思うので。

それと、以前私がmerci!で紹介した本も参考にしていただいているの?
嬉しいですe-266
林明子さんの本って、心が温かく、そしてどこか懐かしくなるよね。
「こんとあき」ネ。うんうんe-122娘さんが好きそうなお話だよネ。
それにしても、なかなか長いお話だよ。
きっと、まりママちゃんの読み方も上手だからこそ
娘さんも集中して楽しめているんだって分かります。


>みきちゃんへ

もう、散々大きくなってしまってからでも
寝る前に母親の読む本ってなんとも言えないんでしょうかね。
言い方を替えれば、甘えん坊?
私も久々に読むので、口がまわらなくなったり
アドリブ監視役の下の子のチェックが入ったり
少々緊張感のある読み聞かせを体験していますe-268

みきちゃんの息子ちゃんはまだ3ヶ月だもんね。
でも、やはりママの声って好きな声なんだよね。
TVのザ-ザー音とか、そういうおなかの中にいる時から
慣れ親しんだ音って落ち着くんでしょうね。

だから、ゆっくりでいいから傍でささやく様に読んであげると喜ぶと思うよ。
みきちゃんの好きなお話でいいと思う。

これから成長するにつれて、本を通じての興味の対象が、
読み聞かせのママの声から、書かれている絵に移ったり
めくることが好きになったり、いろいろと変わってくるから
赤ちゃんの様子に合わせて、その都度選んであげるのが一番いいと思うよ。

赤ちゃん用の絵本なら、いもとようこさんや、きむらゆういちさんの赤ちゃん絵本がオススメです。
ブルーナの絵本も色使いが鮮やかでいいよね。




naone |  2006.10.24(火) 10:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://na27.blog53.fc2.com/tb.php/62-d3153697

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。